成功する逆SEO手法とは

WEB広報の逆SEO事業部のスタッフが、成功しやすい逆SEOの手法について解説します。

独自の手法

WEB広報では、これまで多数の企業様・個人様の逆SEO対策を成功させてきました。その数は、数千件以上にのぼります。これだけの実績を重ねることができた理由は、当社にしかない独自の手法を駆使しているからです。当社が開発した逆SEOの手法は、残念ながらサイト上で公開することはできませんが、本ページでは、企業様が逆SEO対策に着手するにあたって最低限必要なポイントを紹介します。

逆SEOの成功の条件 その1:WEBサイトの制作・増強

逆SEO対策を成功させるには、WEBサイト制作が欠かせません。まずは、現在の公式サイトなどを「マルチIP・マルチドメイン」に変更する必要があります。そのうえで、新しい別サイトを立ち上げる必要があります。

逆SEOの手法<制作面>

逆SEO対策では、以下のようなサイトを新たに作ることが有効です。
・事業部別、支店別のサイトの制作
・衛星サイト(サテライトサイト)の制作
・ランディングページ(LP)の制作
・口コミサイトの制作
・ブログの作成

作るだけでは成功しない

上記のようなサイトを新たに制作し、GoogleやYahoo! で上位表示させることで、誹謗中傷サイトの順位を押し下げることが可能となります。ただし、単に作るだけでは、逆SEO対策を成功させるのは困難です。「オリジナル・コンテンツの追加」「サーバー環境」といった他の条件がそろわないと、ネガティブサイト(誹謗中傷サイト)の順位は大きく引き下がらない場合が多いです。

逆SEO成功の条件 その2:オリジナル・コンテンツ

Googleなどの検索エンジンが、検索順位を判定する際に最も重視するのが「オリジナル・コンテンツ」です。コンテンツに独自性や一定のユニーク性のあるサイトをつくらないと、社名検索で上位に表示されません。この点は、逆SEOの手法を考える上で、極めて重要になります。サイトの制作・構築力だけでなく、コンテンツの制作力がなければ、逆SEO対策を成功させることができないのです。

他のサイトをコピーすると、上位表示されない

「オリジナル・コンテンツ」の対極に位置するのが、「コピー・コンテンツ」です。コピー・コンテンツとは、他のサイトをそのままコピペしたり、引用したりした文章のことです。Googleなどの検索エンジンは、コピー・コンテンツを低く評価することを公言しています。コピーが多いサイトは、ペナルティが課され、上位表示どころか、検索に全くひっかからなくなります。

自社のサイトをパクってもペナルティになる

注意しなければならないのは、自社のホームページの内容をコピーしても、ペナルティの対象になる恐れがあるということです。せっかく逆SEO対策の一環として第2サイトや衛星サイト(サテライトサイト)を作っても、内容が公式ホームページと同じだったら、「スパムサイト」として認定され、検索で上位表示されません。

コンテンツとは、すなわち文章

それでは、コンテンツとはそもそも何でしょうか?コンテンツとは、「中身」「内容」という意味ですが、WEBサイトの世界では、文章と画像(または動画)のことです。このうち、検索対策(SEO)に決定的に重要になるのは、文章です。
Googleなどの検索エンジンは、画像よりも文章を重視しており、オリジナル文章の豊富なサイトを上位に表示させる傾向が強いです。
つまり、逆SEOの手法として不可欠な「オリジナル・コンテンツ」とは、コピペでない独自の文章のことなのです。

逆SEO成功の条件 その3:分散サーバー

逆SEO対策のためにたくさんサイトを作っても、それを同じサーバーに収容したら、逆SEOの手法としては間違っています。別のサーバーに収容する必要があります。それぞれのサーバーのIPアドレスが、Cクラス以上で分散していることが必須条件です。

公式サイトをマルチIP化

逆SEO対策の手法の最も基本といえるのが、公式サイトやホームページの分散サーバー化です。一つのサイトを複数のIPアドレス(Cクラス以上分散)で運用することで、逆SEO対策の効果は一気に高くなります。逆SEOだけでなく、通常のSEO対策を行う上でも、公式サイトのマルチIPアドレス化は不可欠です。